石鹸シャンプーとはどんなもの? | SoHair シャンプー & ヘナ  

石鹸シャンプーとはどんなもの?

石鹸シャンプーとはどんなもの?

石鹸シャンプーとはどんなもの?

純石鹸と合成石鹸がある

「石鹸シャンプー」は、自然派の方なら一度は使ったことのある、または気になったことのあるものだと思います。石鹸と一言でいっても、どれも同じではありません。まず本来の石鹸である「純石鹸」と、本来の石鹸とは違う製法や原料を使った「合成石鹸」とでは違いがあります。純石鹸と呼ばれる、本来の石鹸のphは、弱アルカリ性です。つまり、弱酸性の石鹸は純石鹸ではない、合成石鹸(合成洗剤)ということになります。シャンプーにも石鹸シャンプーというジャンルがありますが、本当の石鹸シャンプーなら、当然弱アルカリ性です。

弱アルカリ性のシャンプーで洗うと髪の毛がキシキシするのは、髪のキューティクルが開いてキシんでしまうからです。その為、石鹸シャンプー後は酸性リンスやお酢、各種ビネガー、レモン汁など酸性の水溶液ですすぐのです。そうすると、アルカリ性に傾いた髪が酸性で中和され、キューティクルが閉じてキシみが収まります。

理屈ではそうなのですが、石鹸シャンプーは酸性リンスをすれば「サラサラになる」という方もいれば、「ゴワゴワになる」や「ベタベタになる」などの声もあって、人によって賛否両論なのです。

合成シャンプーとは?

石鹸シャンプーとはどんなもの?

石鹸シャンプーとはどんなもの?


合成シャンプーは弱酸性のものが多く、お肌も弱酸性なので刺激が少なくて優しい、という見方があるようです。ただ、弱酸性のシャンプーの洗浄成分は合成界面活性剤です。合成界面活性剤が髪や地肌に残留するとたんぱく質の変性が生じ、キューティクルや地肌が荒れてしまう、ということが考えられます。

合成シャンプーの宣伝では、トルゥントルゥンになった髪の手触りや、風になびくような柔らかくて美しい髪の毛のイメージを謳っていますが、それは髪の毛を保護しているキューティクルが破壊されているせいかもしれません。

お肌が荒れている人は、合成も純石鹸も要注意

石鹸シャンプーとはどんなもの?

石鹸シャンプーとはどんなもの?

合成シャンプーやヘアケア剤、ヘヤダイなどの過剰使用により敏感肌になっている人は、少しの刺激もよくありません。合成シャンプーだけではなく、弱アルカリ性の石鹸シャンプーでも刺激となってしまいます。

お肌が荒れてしまった場合には、シャンプー剤は使わずにお湯で洗い流すだけにしていただき、頭皮や髪の毛をまずは正常にして頂くことをお勧めします。

石鹸シャンプーのメリットデメリット

石鹸シャンプーとはどんなもの?

石鹸シャンプーとはどんなもの?


石鹸シャンプーは合成シャンプーと比べて髪やお肌に安全、ということを頭では理解できても、洗う時のキシミや、洗い上がりのパサパサ感、またはベタベタ感が、どうしても石鹸シャンプーを継続して使うことを阻む結果となっているようです。

普通の市販のシャンプーを使い慣れた人から見ると、石鹸シャンプーへのハードルはなかなか越えられないハードルのようです。